2015年10月12日 (月)

アライヘルメットブログ引っ越しのお知らせ

みなさんこんにちは!

ライコランド埼玉店アライヘルメットブログが引越ししました!

アメブロでもよろしくお願い致します!!

新URL:http://ameblo.jp/ps-rico8211

ライコランド埼玉店

2015年10月 4日 (日)

カタログ未掲載の特別モデル!

みなさん、こんにちは!
久しぶりに登場のDECOです
暑くも無く寒くも無いオートバイに乗るには気持ちの良い季節になりましたね!

今回は、メーカーさんのカタログやホームページに掲載をされていない特殊なモデルが入荷致しましたのでご紹介をします!
そのモデルとは...
Dscn4131
こちら!HRシリーズです
シンプルなスッキリとしたデザインですね♪
このHRシリーズですが、以前アライにはURシリーズというカタログ未掲載のモデルがあったのですが、
URシリーズは街乗りに特化した設計に対し今回のHRシリーズレーシングスペックまで備えたモデルとなってますURシリーズの後継という位置づけですが、
実質はカタログモデルだったベクターの後継といった方が良いかもしれませんねw
Dscn4149
スネル規格!レースやスポーツ走行でも安心して使えます♪


それでは各部を見てみましょう!
Dscn4133
サイド
Dscn4132
リア
現行モデルとしてはエアロパーツを少なめにしているのが逆に新鮮ですね♪
そして、シールドを開けてみると...
Dscn4135
内装に...
Dscn4136
赤の差し色がっ!スポーティーな感じです♪
DECOの記憶だと内装に赤の差し色を使用するのはアライ史上初ではないでしょうか!?
Dscn4137
首元の内装も↑の様に赤の差し色がっ!
細かい所も一切の妥協がないです

Dscn4138
HRシリーズの内装のセンターパッドは固定式でチークパッドは着脱可能な仕様です。
センターパッドは固定式なので外す事は出来ませんが、
内装の部品点数を少なくできるので被り心地が良くなるというメリットもあります。
現行のアライのモデルの中ではNO1の被り心地を実現していると思います!
ツーリングで長距離乗られる方にもお薦めです!

シンプルな外観ですがベンチレーション機能もバッチリ装備しています!
Dscn4143
フロントデフューザー。しっかりと外気を取り込める様に専用設計の物が装備されてます。
Dscn4146
Dscn4147
走行中の空気の流れを整えるリアスポイラーも装備!真ん中のスライドレバーでベンチレーションのON/OFFも可能です!!
Dscn4144
Dscn4145
シールド上部にはアンチフォグ対策用のベンチレーションもモチロン装備!

カラーラインナップも...
Dscn4139
Dscn4140
ブラック

Dscn4142
Dscn4141
フラットブラック


シンプルなデザインですので旧車から最新の車輛までコーディネイトしやすいですね♪

というわけで...
Zコーナーでこっそりとパシャリwcamera
Dscn4153

Dscn4155


ヤバッheart02カッコイイ!(*゚∀゚)=3ハァハァ

店頭で実際に手に取ってヘルメットの試着も出来ますので気になった方は、是非ご確認ください!

それでは、今回はこの辺で失礼します!
DECOでしたpaper

2015年9月10日 (木)

CR-1ガラスコーティングイベント開催しました!

みなさん、こんにちは!
久しぶりのDECOです!
先月から今月にかけて雨が続いてますねdown
一か月近くバイクに乗れていないという方も多いのではないでしょうかsign02

今の様な雨が多い時期は晴れにむけて色々と準備を進めてしまいしょうsign03
さて、雨が多いので季節感は薄いですが、暦の上ではもう秋ですので秋のツーリングに
向けてヘルメットを新調される方が多いのも今の時期です。
先日、当店でヘルメットを購入された方を対象にヘルメットへのCR-1ガラスコーティング
特別価格で施工をさせて頂くイベントを開催致しましたのでご紹介をいたします

ここで改めてCR-1のご紹介です!
CR-1とは施工を行う事で表面をガラス皮膜で守るコーティングの事です
Dscn3899
↑半分だけ施工をして表面をワザと汚してみたサンプルです
Dscn3900_2
↑近づいてみて見ると汚れがほとんど付いていないのが分かりますね♪

特徴的な効果として高強度ガラス皮膜「深い輝き」「高い耐傷性」を発揮します!
しかも!艶消しのモデルに関しては表面の艶消しの状態を維持したまま皮膜でコーティング
が可能
なので、細かい傷がついてしまいやすい艶消しモデルに特にお薦めのメニューです。
また、施工後に汚れがついてもガラス被膜の上に汚れが乗る格好になり、汚れが固着しにくくなります。今の時期に多い走行中の虫の固着等による汚れやシミにも絶大な効果を発揮しますね♪
更に、1,300℃以上の耐熱性があるため、エンジンやマフラー等の高温部にもコーティング可 能ですので、ヘルメットに施工後に効果を体感して頂きオートバイにも施工を検討して頂く方も多いコーティングです。

それでは施工の様子をご紹介です♪
最初のご紹介はアストロIQです

「ブリテッシュダークグリーン」光の角度の色合いが変化する特殊なカラーリングです
Dscn3902
↑施工前にシールドを外しクリーニングとブローを行い汚れや細かいゴミを飛ばしておきます
Dscn3903
↑下地処理が終了したところでコーティングをおこないます
Dscn3904
↑施工直後です艶に深みが出ているいますね♪
Dscn3906
ピカピカのテカテカですshine
続いて...
Dscn3931
↑クアンタムJエターナルです(施工される直前の状態です)
このモデルはアライのカタログには載っていない特殊なグラフィックモデルです
Dscn3936
↑施工後の写真です
Dscn3937
ピカピカshine
Dscn3938
テカテカflair
そして...
皆さん、効果が気になる艶消しモデルの...

↑MZ-F フラットブラックです
オープンフェイスでありながらフルフェイスと同等の防御力を誇るモデルです
Dscn3908
↑施工前の状態です
Dscn3907
施工前にシールド外してしまいます
Dscn3909_2
Dscn3910
施工前に表面を脱脂しておきます
Dscn3927
CR-1の液体を含んだウェスを用意します
※空気に触れると白く変色してしまうので↑の様に厳重に保管しています。
Dscn3912
一気に施工を行います!
Dscn3913
手際に無駄が無いですねーw
Dscn3914
手際良く全体に施工中!!
Dscn3920
↑写真の状態ですと少し艶が出てしまっているようですが...
Dscn3921
少し、時間を置くと↑の様な仕上がりにgood
Dscn3924
別の角度からです。
更に拡大してみます!!
Dscn3923
Dscn3935
施工前と同様の艶消しの状態を綺麗に維持していますね♪
Dscn3928
Dscn3929
最後にシールドを取り付けて完成ですscissors
ご依頼を頂いたお客様も喜んでいただけました!

CR-1を施工した事で汚れが付きにくく、付いてしまっても汚れを簡単に落とす事が
可能ですのでメンテナンスが非常に楽になると思いますのでこれからのツーリングシーズンをガンガン楽しんでくださいませ♪

それでは、今回はこの辺で失礼します。paper

2015年8月21日 (金)

夏のレタリングイベント開催しました!

皆さんこんにちは!
最近、あちこちで出没をしているDECOです!
暑さもだいぶ落ち着いてきましたね♪これからオートバイに本格的に乗り始めるという方も
多いのではないでしょうかsign02

今回は週末にペティペインターズパラダイス鈴木氏によるヘルメットへのレタリングイベントを
開催いたしましたので一部ですがご紹介を致したいと思います!
まずはこちら!
Dscn3592
発売されたばかりのアライのフラグシップモデルRX-7Xです!しかもスペンサー30thモデルです!
Dscn3591
如何でしょうかsign02元々のグラフィックとベストマッチの完成度ですね♪
続ききましてラパイドIRにレタリングを....
Dscn3593
↑こちらです!こちらのお客様はRZにお乗りという事でオートバイに合わせられたそうですshine
愛車への愛を感じますね♪
続きまして
A_iq_ka_b_2
アストロIQカレンです!こちらも難易度が高そうですが...
鈴木氏の匠の技が冴えわたりますdiamond
Dscn3596
下書きを行いレタリングの位置を決めていきます
Dscn3597
位置が決まった所で
Dscn3598_2
Dscn3599
お客様のご希望のカラーをパレットにとります
Dscn3600
ここからは一気に仕上げていきます
Dscn3602
Dscn3603
みている方も緊張で窒息してしまいそうです(笑)
Dscn3604
完成w
Dscn3606
いかがでしょうか!?ヘルメットの複雑なグラフィックとマッチした素晴らしい仕上がりですね♪
続きまして単色のこちら
Q_j_fk
クアンタムJフラットブラックです
今回はサイド側にレタリングを入れてみました
Dscn3616
Dscn3618
Dscn3620
一気に書き上げて...
Dscn3621
完成w
Dscn3622
離れて見てみましょう!グッと引き締まった感じになりましたねscissors
黒にオレンジの組み合わせがDECO的にもグッときてしまいますhappy02
続いてのヘルメットは...
Q_j_na
!!!
難易度がっ!
何処にレタリングを入れるのでしょうか??
私は鈴木氏の横でこっそりとドキドキしながら見守っています(笑)
Dscn3608
カラーをパレットに取り出しました!場所が決まったようです!
Dscn3607
ヘルメットサイド部分に下書きを入れています
仕上がりはどんな風になるか楽しみですdelicious
Dscn3609
Dscn3611
Dscn3613
無事レタリングが終了したようです
気になる仕上がり具合は....
Dscn3615
完璧です!
拡大してみると...
Dscn3614_3   

ホルダーからヘルメット本体にかけてレタリングがされています!手間がかかっています

そして最後はこちら

41p3wmbh5sl_sy355__2
RX7-RR5のバイオレットブラックです
今回のお客様はヘルメットの後ろ側に大きくレタリングを入れたいとの事でしたので後ろ側のロゴを剥がしてしまいます!
Dscn3624_2
テープをロゴの上から貼りヘラで少しづつ剥がしていきます
Dscn3625_3
Dscn3627

慎重に剥がしていきます...
Dscn3632_2
綺麗に剥がれましたgood
Dscn3633_2
下書きを行います
今回、ご依頼を頂いたお客様は色の指定を詳細に指示を頂けましたので
ご希望にそった形で色を調合します!
Dscn3635_4
こちらのカラーと
Dscn3638_2
こちらの色を調合します
Dscn3636_2
それぞれのカラーをパレットにとり丁度いい具合になった所でレタリングを開始です!
Dscn3640
Dscn3644
順調に作業が進んでいますね!
Dscn3647
細かい所を仕上げて
Dscn3650
完成です!!
純正のロゴを剥がした事によりレタリングが際立っていますね♪

今回のレタリングイベントも沢山の方にご依頼をいただけました!
次回開催する際も事前に告知を早めに行いますので今回残念ながらレタリングを逃してしまった方は店頭告知やHP告知をマメにチェックして頂ければと思います。

それでは今回はこの辺で失礼します!

2015年8月 1日 (土)

アライ激レアモデル入荷しました!

皆さん、こんにちは!
最近あちこちで出没をしているDECOです!
お盆に向けてツーリングの準備をされている方も多いのではないでしょうかsign02
ヘルメットを新調をご検討されてる方に限定カラーモデルが入荷致しましたのでご紹介します!
Dscn3332
ASTRO PRO SHADE FLAG UK です!
どの辺がUKかというと...
Dscn3330
サイドにイギリス国旗がっ!
Dscn3326
斜め後ろから見てみます。アライのロゴとユニオンフラッグの組み合わせが最高ですscissors
トライアンフノートンは勿論ですが、ヤマハSRカワサキWにも合わせられるデザインですね♪
高機能タイプのフルフェイスでこれらの車種に合わせられるヘルメットは珍しいですshine
私はプロシェードシステムの便利さも捨てがたいのですがスッキリとしたスタイルも好きなので別売りのスタンダードタイプのシールドを取り付けてみました!
Dscn3328
サイドビュー
Dscn3325
Dscn3324
正面
Dscn3327
如何でしょうか!?
スタンダードタイプのシールドもヘルメットのデザインが際立って良い感じですね♪

因みに、こちらのモデルは限定モデルですので、メーカー様のカタログに掲載をされていませんsign01しかもsign03こちらのモデルはメーカー様のHPにも掲載をされていない激レアモデルです
もちろん、補修パーツ等も通常モデルと同じ様に手配が可能ですのでご安心をheart01

店頭にて展開をしてますのでご来店の際は是非、チェックをしてみて下さいw
それでは今回はこの辺で失礼をします!

2015年7月 4日 (土)

イタリアンカラーでマウスシャッター交換w

皆さん、こんにちは!

ヘルメット担当のDECOです。

今年の梅雨rainは長いですねsweat01

皆さんは、オートバイに乗れていますか?私はまったく乗れていませんdown

梅雨が明けるまでの我慢ですね(´;ω;`)ウウ・・・

今の時期は本格シーズンに備えてヘルメットのメンテナンスをされてみては如何でしょうか?

と言う訳で...

今回もヘルメットの修理のご依頼をいただきました!

Dscn3218

アストロIQです。しかもオリジナルペイントをされてるスペシャルモデルです!∑(=゚ω゚=;)

Dscn3219

サイドです。下側のチェック柄がオシャレですね♪

Dscn3220

そして、後ろ側にはイタリア国旗がデザインに取り入れられています!

イタリア系の車輌にバッチリ合いそうです♪

今回、ご依頼を頂いた箇所は...

シールドホルダーとマウスシャッターの交換です。

Dscn3221

特にシールドホルダーにキズがあり気になってしまうとの事でしたので作業のご依頼をいただきました!

Dscn3223

ホルダーは当店でご用意がありましたが、オールペイントの為マウスシャッターは近い色のご用意が無かったのですが、

折角なのでよりカスタム感を出そう!という事で今回は...

Dscn3222

フラットブラックのマウスシャッターをチョイスしました!

そして、

Dscn3224

シルバーミラーシールドの取付けのご依頼をいただきました!

仕上がりが楽しみです♪

それでは、早速作業を開始です!

マウスシャッターを外すにはアゴ部分のライナーを取り外す作業が必要ですので最初にチークパッドを外します!

次に...

Dscn3229_2

ドライヤーで該当部分を温めます!(温める事により接着部分が外しやすくなります)

Dscn3228

充分温まったら↑のすき間に工具を差し込み

Dscn3230

ゆっくりと外していきます

Dscn3231

無事に外せました!

Dscn3235

裏側からネジでマウスシャッターが固定されています

Dscn3236

無事に外せました!

Dscn3240

マウスシャッターをフラットブラックへ!色の組み合わせもイイ感じです♪

続いて、

シールドホルダーの交換作業に突入です!

Dscn3241

↑写真の様に工具を入れてカバーを外します。

Dscn3242

新しいホルダーとヘルメット本体の色を比べてみましたが問題はなさそうですね♪

それでは取付けですwrench

Dscn3243

Dscn3244

↑ホルダーが外れないかチェックをします

Dscn3245

↑シールドの可動部分にシリコンオイルを塗って...

Dscn3246_2

Dscn3248

Dscn3249

Dscn3247

完成w

交換をしたマウスシャッターとシールドが良いアクセントとなってよりヘルメットにスペシャル感がでましたねhappy01

今回はオールペンモデルという事で

実はかなり緊張して作業を行わせて頂きました(A;´・ω・)アセアセ

。無事作業も完了し、ひと安心ですscissors

おまけ

メーカー様に発売前の試作カラーを見せて頂いたのでご紹介いたします

Dscn2870

Dscn2871

Dscn2872

ユニオンフラッグをデザインに落とし込んだモデルです

こちらのカラーは限定モデルになるそうなので気になった方はお気軽にお問い合わせくださいませ!

発売予定は近日との事でした!

それでは、今回はこの辺で失礼をいたします!

2015年6月22日 (月)

新し過ぎて知らないシールドの外し方!

みなさんこんにちは!paper

ヘルメット担当のDECOです!

遂に、例のアレが入荷しました!

アレとは....

Dscn3176

そうです!アライの新型フラグシップモデル

「RX-7X」が入荷しました!

Dscn3177

フロント

視界も広く確保されていますね!

Dscn3181

ベンチレーションも大型化でこれからの季節に大活躍してくれそうです!

Dscn3178

サイド

トップサイド部分も面積広くとってるので衝撃をかわす性能も更にアップです!

リアのエアロパーツも...

Dscn3179

より効果的な形状になり空力性能も更に進化!

早く、私も公道で自分の愛車で体感してみたいですheart01

さてさて、各部の紹介は以前のブログ内でご紹介をしましたので詳しくはそちらをご覧ください!

今回は...

ちょっと横道にそれまして、シールドの外し方をご紹介します!

今までのシリーズとは全く違い非常にシンプルになりました

まず、最初にシールドをオープン!

Dscn3182

お約束のレバーがあります。

このレバーを横にスライドをすると...

Dscn3183

ぽろっ!

Dscn3185

なんと!ホルダーがワンタッチで外れます!!

Dscn3186

もちろん、反対側も同様にワンタッチでご覧の様に♪

そしてシールドですが...

Dscn3187

cameraを見て頂くと、シールド側に金色の所とベース側に赤い所がありますね

この部分がポイントになりますので注目デスw

ホルダーが外した後はシールドが上がった状態です

この状態からシールドをゆっくりと下げると...

Dscn3188

シールドベースの赤い部分に向かって金色の部分が接近していますね

更に少し下げると...

Dscn3189

赤い部分金色の部分が重なって月食fullmoonmoon2moon3newmoonの様になりました(笑)

この状態になったら...

Dscn3190

↑の様に外側に向かって引き上げると...

Dscn3191

簡単に外れますshine

Dscn3192

あっという間に左右が外れましたscissors

それでは取付けの手順ですcatface

Dscn3194_2 

シールドベースの赤い部分にシールドの金色の部分を合わせて写真の様にはめ込みます!

Dscn3196

ハマったのを確認したら...

シールドを上に上げます!

すると...

Dscn3197

金色の部分がシールドベースの溝に納まりました!

もうこれでシールドはベースにしっかりと付いている状態です

最後にホルダーを取り付けて

Dscn3201

Dscn3200

※ホルダーを取り付ける時はシールドがオープンの状態で取り付けてください!

Dscn3202

取付け終了!!

どうでしょうか?今までのモデルに比べ格段に着脱方法が楽になっていますねnotes

RX-7Xはメンテナンス性も大幅に向上していますので是非お試を!

実際に外し方をご覧になりたい方はスタッフにお声掛けください!

実演しちゃいます!

それでは今回はこの辺で!

2015年6月 7日 (日)

知ってそうで知らないシールドの外し方2

みなさん、こんにちは!

ヘルメット担当のDECOです

気候もだんだんと暑くなり夏も近づいてきましたね!

ヘルメットもフルフェイスよりオープンフェイスを使用される機会が増えた方

も多いのではないでしょうかsign02

そこで、今回は前回に引き続きオープンフェイスヘルメットのシールドの外し方

をご説明をいたします!

今回のモデルさんはこちら!

Dscn3094

SZ-RAM4です!アライのオープンフェイスの最高峰モデルですshine

それでは、最初にシールドをオープン状態にします

Dscn3097

レバーが出ているのが出ていますね!

Dscn3098

これです!

このレバーを前側にスライドしますsoon

Dscn3053

カチッと音がするハズですw

反対側も...

Dscn3050

レバーが同様にありますので...

Dscn3052

こちらもスライドsoon

左右共にロックが外れた状態になったので、

前回のフルフェイスと同様に両サイドを広げながら...

Dscn3054

Dscn3055

上にあげると

ベキッとちょっとドキドキする音がしますがシールドが外れますw

Dscn3057

こんな感じw

さて、シールド側にホルダーが付いた状態だと思いますが、

このホルダーも外し方がありますのでご説明します!

Dscn3058

ホルダーの裏側を見てみましょう!

ネジで白いパーツが固定されていますねw

ここでドライバーを使いたくなりますが...

工具不要ではずせます!

よーく見てみると...

Dscn3059

①と番号が!

更に良く見ると...search

Dscn3060

②と番号が記入されていますねw

実はこの番号はシールドからホルダーを外す手順なのですshine

それでは早速外してみましょうw

最初に①番側の白いパーツのロックを解除します!

私の文章力では判り難いと思うので写真を見てみましょう

Dscn3061

↑解除前

Dscn3062

↑解除後

この状態になったら②の番号の横にある矢印にそってスライドをすると...

Dscn3066

Dscn3067

外れましたscissors

(因みに、シールドへの取付けは今の手順と逆で取付けが可能です!)

それでは...

苦戦をされる方の多いヘルメットへの取付け方法です!

でも、方法が分かってしまえばそんなに難しくないのでご安心をheart01

シールドベースを見てみると...

Dscn3079

▲マークガイドラインがありますね

Dscn3078

↑指先に注目!▲マークが!

Dscn3074

↑こちらがガイドライン

この部分が取付けの際にガイドになるのでお忘れなくw

それでは、ホルダー側を下から見てみると

Dscn3073

こちらにも▲マークがっ!!

Dscn3081

ホルダーの下の部分を先程のベース側のガイドラインと写真の指先部分を平行に合わせます

(※写真は説明の為シールドからホルダーを外してます。)

Dscn3082

↑こんな感じで平行に合わせます

そして...

ホルダー側の▲マークベース側の▲マーク先端が合わさる様にホルダーをベースにはめ込みます!

Dscn3083

下からの見るとこの状態になっています。

Dscn3084

ハマりました!

Dscn3085

反対側も同じ要領でハメます

気を付けて頂きたいのがこの状態は仮組みの状態です!

左右の仮組みが終了したら

両サイドを抑えながら...

Dscn3087

シールドを下げると...

Dscn3088

バキッドキドキする音がしながらハマりますgood

Dscn3094

完成w

フルフェイスと比べると手順が多いですが実はしっかりと順を追って作業をして頂くとフルフェイスより作業が楽ですよ!

実は私が最初に覚えた作業内容がこの作業だったりします!

今回の作業内容はSZ系はもちろんMZ系も同様の作業内容ですので参考にしてください!

おまけ

因みに今回のモデルもカタログ未掲載のスペシャルカラーです!

Szram4_tricolore

SZ-RAM4 トリコローレ

こちらも若干ですが再入荷をしましたので気になる方は是非チェックしてみて下さい!

それでは今回はこの辺で!

2015年5月22日 (金)

知ってるようで知らないシールドの外し方w

皆さん、こんにちは!

ヘルメット担当のDECOです

バイクシーズンも本格的になりオートバイに乗る機会も増えている方も多い様ですね!実は私DECOも休みの日は朝から用も無いのにオートバイであちこち走りに行ったりしていますshine

さて、乗る機会も増えたという事で出先でシールドの交換作業がご自分で出来たら便利だけどな~と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうかsign02

そこで今回はシールドの着脱の方法をご紹介いたします!

今回のモデルさんは「アストロIQ」です!

それではまずシールドを開けます!

Dscn2916

指先の辺りを見てみるとレバーが出ているのがお気付きでしょうかsign02

Dscn2918

拡大しましたw

このレバーが左右から出ているので...

Dscn2920

Dscn2921

左右共に上にあげてロックを解除します!

ココまでが下準備ですconfident

下準備が整った所で次のステップへ!

Dscn2922

Dscn2924

シールドの両ワキを広げながらシールドを上に上げると...

Dscn2925

プリっとシールドが外れますgood

ちょっと、イメージが分かりにくいかなという方は

Dscn2926

手の掌底部分(←武道用語みたいですねcoldsweats01)を軸に回転する様に作業をして頂くとやり易いですよw

Dscn2927

↑こんな感じです(イメージ)

それでは、取付け作業の手順です!

外したシールドの端を見て頂くと特徴的な形をしていますよね!

Dscn2937

Uの字になっています

この部分が取りつけの際のポイントになります

作業に入る前にシールドベースを見てみましょう

Dscn2928

ベース上部に軸が見えますね!ココに先程のUの字部分がハマる形になります。

※シールドの取付けの際はシールドカバーは外しません

Dscn2930

最初に斜め前からシールドを先程の軸の部分に当たるまでスライドさせます

Dscn2931

軸に当たりました!

Dscn2929

↑内部は上記の様な状況になっているはずです

Dscn2932

さて、軸に当たった状態でゆっくりとシールドを下げると...

「カチッ」と音と共にシールドがハマってくれます

Dscn2935

Dscn2933_3

Dscn2936

↑内部ではこんな感じでシールドベースにハマっています。

手順を知っているといざって場合に役に立つと思いますので覚えていて損はないかと思います!

片側づつ作業をして頂いた方がやり易いと思いますよw

ただ、作業が不安な方やご自分での作業が面倒な方は当店にて着脱作業を行いますので遠慮なくご依頼下さい!

ところで、先程からモデルを務めていた

Dscn2914_2

このアストロIQですが、見た事の無いという方も多いのではないでしょうかsign02

こちらは、カタログ未掲載のスペシャルカラー「PRIDE」です!

少数ですが再入荷を致しましたので気になる方は是非店頭にてチェックをされてみては如何でしょうかsign02

それでは今回はこの辺で失礼します!

2015年5月 3日 (日)

ツーリング前のヘルメット修理!

皆さん、こんにちは!

ヘルメット担当DECOです!

GWも本番ですが、連休でツーリングを予定されている方も多いのではないでしょうか!?

ツーリング前の準備という事でヘルメットメンテナンスでのご相談が多くなってきました。

特にベンチレーションを破損しまってご相談を頂くケースが多いのですが、一般のお店ですとベンチレーション等の取付はヘルメットをお預かりしてメーカーで作業を行うのですが、当店はアライプロショップですので取付作業も行いますので是非ご相談下さい!

それでは、今回ご依頼を頂いた作業をご紹介いたします!

Dscn2840

まずは、SZ-RAM4です。スポーツジェットヘルメットのフラグシップモデルですねw

Dscn2838

Dscn2839

ディフューザー左右とエアロフィンが割れてしまっていますcrying

でも、ご安心を!幸いダメージを受けている箇所が外装パーツのみだったのでパーツ交換する事で治せそうですwrench

Dscn2842

Dscn2843

ドライヤーでまんべんなく温めます

Dscn2844

充分温まったら工具をすき間にいれ

Dscn2845

グリグリ

Dscn2846

一周すると...

Dscn2847

外れました!

Dscn2848

反対側も同様に...グリグリ

Dscn2849

ぐるっと一周して

Dscn2850

外れました!

汚れもかなり溜まってますねsweat01折角なのでパーツの取付前にクリーニングをします!

Dscn2851

秘密の専用クリーナーでクリーニング!!

Dscn2852

綺麗になったところでパーツの取付に!

Dscn2853

最初に片側を取り付けします

次に残りのディフューザー取付と行きたいところですが...

Dscn2855

エアロフィンを先に仮で取付ます

※ここで手順を間違えるとエアロフィンが取りつけられなくなってしまうのですcoldsweats02

Dscn2856

場所が決まったらもう片方を取付ます!

Dscn2859

綺麗に決まりました!

Dscn2857

完成!

ディフュザーの復活!快適なライディングをお楽しみくださいw

お次のお客様もディフューザー交換修理のご依頼を頂きました!

Dscn2806

ご依頼を頂いたヘルメットはSZ-RAM3です

現行の一つ前のモデルですが海外を中心にいまだに高い人気を誇るモデルですshine

ご依頼を頂いたお客様も非常に大切に使われていました!

Dscn2807

写真だと判りにくいですが左右のディフューザーとセンターのデルタダクトが割れてしまっていましたweep

ご依頼を頂いた時はお客様のヘルメットと同色のパーツは左右分揃って無かった為、手配に少し時間がかかってしまうので、今回はお客様とご相談をさせて頂き、別のカラーリングで作業を行いました!

Dscn2808

ベンチレーションを外す準備としてドライヤーで接着部分を温めます

Dscn2809

まんべんなく温めますheart

Dscn2810

こちらも、すき間に工具を入れて...

Dscn2811

接着されているディフューザーを剥がしますwrench

Dscn2813

無事にとれました!

Dscn2814

汚れが溜まってましたので勿論、クリーニングをします!

Dscn2815

ピカピカですshine

Dscn2816

左右ディフューザー取付完了w

続いてセンターのデルタダクトを交換します

こちらも、ドライヤーでまんべんなく暖めて...

Dscn2817

工具を入れてダクトを外します!

Dscn2820

やはり汚れが溜まってましたのでクリーニングをします!

Dscn2822

こちらもピカピカにっshine

Dscn2823

Dscn2824

完成w

ツートンカラーになった事でカスタム感がw

雰囲気もかわりスポーティーな感じに!!

ご依頼を戴いたお客様にも喜んでいただけました!

気分を一新してライディングに集中できますね!

当店はプロショップですので修理や調整でお悩みの際はお気軽にご相談を下さいませ!

それでは、今回はこの辺で失礼します!paper

«クラシックMOD 入荷しました!