« 11月開催予定のレタリングイベントのご案内です! | トップページ | 飢える咬むツーリング »

2014年11月 2日 (日)

ヘルメットメンテナンス!

皆さん、こんにちは!

近頃、寒暖の差が激しくて夜に震えながらバイクに乗ってるDECOです。

気を抜いてしまうと風邪になってしまうので皆さんも気をつけてくださいねflair

さてさて、冬も近いのでフルフェイスが快適な季節になってきました!

という訳でヘルメットのクリーニングです

Dscn1385


Dscn1384
モデルは「ゴストラッカー スタウト」です

DECOの所持しているアライのヘルメットの中でも10年近く使ってるモデルです

歴代のアライのフルフェイスの中で最も独特のシルエットが特徴で、

DECOが最も好きなモデルの一つです。

特に、口元のデザインが他にはないデザインでキャラクターが際立っているとは思いませんか??

Dscn1436

そうなんです!口元にダクトがないデザインなのです!ここがDECOのお気に入り

ポイントだったりしますw

その独特なデザインの為、ハーレーや80年代のスポーツバイク、そして、ストリート系の車

両に乗られている方に特に人気が高いようですshine

因みに、一般的にヘルメットの推奨使用期限は3年~5年と言われていますが...

10年ってどうゆうことじゃいannoyゴルァ( ゚皿゚)

と思われる方も多いのではないでしょうかsign02

ヘルメットの外側自体は非常に丈夫に作ってある為、かなり長持ちするのですが

衝撃を吸収する内側の発泡スチロール部分(ライナー)は汗や整髪剤の影響を

受けやすく劣化がすすみやすい恐れがあり、ヘルメット本来の性能を発揮できなく恐れが

ある為、推奨使用期限を設定しています。

つまり、大切に扱えば本来の性能をしっかりと維持できますが...

どんなに高価なヘルメットでも扱いが雑ならば、期限内でも本来の安全性能を

発揮できなくなってしまいます!特にsign03バイクのミラーにヘルメットを引っ掛けたりは

絶対にしない様に気をつけて下さいね!実はヘルメットんを傷めてしまう一番の原因

だったりしますsweat01(;´д`)トホホ…

自分では中々ヘルメットの状態お判別が判らないという方は当店スタッフにご相談

下さい!無料で診断をいたしますよ♪

それでは、ヘルメットのメンテナンススタートですshine

まずは、シールドとカバーを外して作業です!

Dscn1481

シールドを上げるとレバーが左右から出てきますのでレバーを

上げますup

Dscn1482

「カチッ」と音がする所まであげます。

写真の位置位ですねwこの状態になったらロックが外れている

状態ですので...

Dscn1483_2

シールドを外側に開きながら上にあげると...

ぷりっと外れますw

そして以外に分かりにくいカバー(シールドホルダー)の外し方ですが,

手順が判ってしまえば難しくなかったりしますw

Dscn1488

更にズーム!!

Dscn1489

↑赤いパーツが見えますねeye

Dscn1490

こんな、感じで工具を差し込みます!

※工具が無い場合、割り箸でも代用はOKです good

このまま押し込むと...

Dscn1491

簡単に外れてくれますw

Dscn1492_2

↑構造はこんな感じです。赤いパーツがスライドする仕組みですsearch

カバーを外してホコリを掃除したら、ワックスですshine

DECOのお勧めは、

Dscn1486

プレクサス!ヘルメットは勿論、オートバイ本体や、

携帯の液晶画面にまで使える万能ワックスです!

当店の展示品にも使っていますよshine

Dscn1495

↑こんなにテカテカshine

ここまで終わったらシールドの組み付けです。

その前に

Dscn1485

ヘルメットに付属のシリコンオイルを可動部分に塗っておきますw

意外と使った事が無い人も多いのではないでしょうかsign02

Dscn1498

Dscn1499

塗る場所は↑の場所をポイントで塗ってあげるとベストです

Dscn1500

コツとしては一滴を塗り伸ばす感じで十分です♪

シールドの動きが渋いなと感じたらお勧めのメンテナンスです。

自分で行うのが不安な方は当店スタッフにご依頼くださいませ!

効果が大きいですよ♪

さてさて、仕上げにシールドを組み付けて完成なのですが...

気が付いてしまいましたΣ( ゜Д゜)ハッ!

Dscn1387

ダクトが行方不明!

Dscn1388

窓枠ゴムの外れ!

Dscn1389

そして...

写真だと判りにくいですが、フチゴムも剥がれかけてます

※写真の下の方ですorz

~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

まぁ、10年近く使っていれば剥がれますよねーsweat02

この、ゴムパーツ達ですが修理は簡単に行える様な気がしますが、

実は非常に難しくテクニックが必要な個所になります。

プロショップ店舗でも作業を行ってないメニューになりますcoldsweats01

修理ご希望の場合はお預かりしてメーカー様にて修理です!

メーカー様のヘルメット職人にお願いですね♪

金額のお見積りも致しますのでお気軽にご相談下さいませ!

というわけで...

DECOのヘルメットもメーカー様で修理決定ですsign01

メーカー様に預かって頂いて、1週間

帰ってきました!ヘルメットhappy02

Dscn1418

Dscn1415

Dscn1417

さすが、メーカー様sign03

いやー、大事に使ってるヘルメットが綺麗に治ると嬉しいですね!

※修理の場合はヘルメットの状態によっては修理が受けられない場合

があります。まずは、お店にお持ち頂ければスタッフが無料診断を致します

のでご相談くださいませ!

おまけ

Dscn1428 Dscn1427

DECOの私物スタウト2個と現行モデルのスタウトを並べてみました。

大増殖でイイ感じですheart01

いつか全部揃えたいな~

« 11月開催予定のレタリングイベントのご案内です! | トップページ | 飢える咬むツーリング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事