« 小江戸でハンバーガーw | トップページ | クラシックMOD 入荷しました! »

2015年4月 5日 (日)

アライのアレを大解剖!?

みなさん、こんにちは!

先週はライダーのビックイベントモーターサイクルショーでしたねnote

実際に、出かけられたという方も多いのではないでしょうかsign02

私、DECOも金曜日の特別公開の日に行って来ました!

行かれた方はご存知かと思いますが...

アライブースは大盛況で特に土曜日と日曜日は大変な混雑だったそうです。

なんて言っても目玉は新型ヘルメットRX-7Xが展示されていたからですねshine

人混みで見れなかったという方も多いかと思いますので、

今回は、RX-7Xをご紹介いたしますw

Dscn2574

まず、こちら!

ニヤけた中の人は私なので無視w 

いきなりですが被らせて頂きました!

被らせて頂いた感想ですが、被り心地が非常に良かったです

従来のレーシングモデルはホールド感が非常にしっかりとしている半面

ハードな被り心地のモデルが多かったのですが、RX-7Xは被り心地と

ホールド感を両立していました!イメージとしてはフルフェイスなのですが、

ジェットヘルメット並みの被り易さを実現しているといった感じですw

この感想は文章ではいまいち伝わりにくいかもしれませんので、発売された際は是非、試着をしてみて下さい!!

被っていただくと「ナルホド!!」と感動して頂けるハズですwshine

Dscn2567

それでは、RX-7RR5と比べてみましょう!

ベンチレーションがかなり大型化していますね!

Dscn2535

更に拡大w

Dscn2536

今までに比べ、大型化はもちろんシャッター部分も大幅な変化がッ!

従来のアライヘルメットのダクトは殆どのモデルがOPEN/CLOSEでしたが、

今回のダクトは三段階でシャッター調節が可能となっている為、半開の状態が選べる使用になっています!益々、使いやすくなっていますね!

Dscn2565

更に、シールドロックレバー部分に目をやると...

見慣れない形状に!

Dscn2544

拡大!search

4輪用ヘルメットのシールドレバーに近い形状となっていますねw

操作性が大幅にアップし、更に!緊急時の対衝撃性能も大幅にUPしているそうです。

そして!アライの特徴R75形状も大幅に進化!

Dscn2537

斜め上からの写真ですが、従来品と比べサイドTOP部分の面積が広くなっています!

Dscn2569

RX-7Xが約10cm

Dscn2568

RX-7RR5が約8cmとなっています

面積が広くなる事でアライが誇るR75形状が更に強化される事により衝撃を受けた際の「かわす性能」が高まっているのです!

突起物のない形状って素晴らしいですねw

では、ヘルメット自体の大きさを変えずに面積を広げることが秘密は...

ホルダーの形状です!

Dscn2545

従来のJホルダーと比べ一回り小さくなっていますw

これにより面積を広くとる事が可能となっているのです♪

そして!ホルダーとシールドの着脱も驚くほど簡単になりました!

上記の写真を見て頂くと、ホルダーの前部にレバーが見えますねsearch

これをスライドすると...

Dscn2546

サクッとホルダーが外れます♪

そのままシールドの金色の金具をベースの赤い窪みに合わせると...

Dscn2550

Dscn2551

簡単にシールドが外れます!

楽しいので何回も着脱をしてしまいました!

が...

熱中しすぎた為、外した後の写真を撮り忘れてしまいましたcoldsweats02

それでは、内装を見てみましょう!

Dscn2561

上がRX-7X、下がRX-7RR5です

写真だと少し分かりにくいかもしれませんが、今回のモデルからアストロプロシェードで好評の「エコピュアー」を採用ですw

下着にも使用されている特殊な素材ですので従来の冷感内装機能に加え消臭機能も備えています

Dscn2560

裏側です

緊急時用のエマージェンシーベルト(オレンジのベルト)も変化がっ

Dscn2556

ベルトが収納式に替っています

Dscn2557

この様な感じでスルスルとベルトが取りだせる様に!

緊急時にベルトの位置を素早く確認が可能な上に確実な脱着が可能となった進化です。実はこの方式は「V-クロス4」で実用化されていた方式なのですshine

チークパッドの中身にも秘密がっ

表面のカバーを外して

中のスポンジをペロンとめくるとΣ(゚□゚(゚□゚*)

Dscn2558

なんと!インカムのスピーカーを設置する為のスペースがっ!

レーシングモデルですが、今回はツーリングにも使いやすい様になっていますscissors

センターパッドも見てみましょうw

Dscn2528

天井部分の形状がクアンタムJと近い形状の面タイプの形状になっていますね。従来の形状ですと二分割されていましたが長時間被っていると、髪型が崩れてモヒカンの様になってしまう原因だったのですが、面の形状になる事により、髪型の変形を抑えるようになっていますw

社外品で最近人気のエアーヘッドと同じコンセプトですねw

裏側を見てみましょう!

Dscn2529

内装の骨組みが柔らかい材質に!!(今までは樹脂素材の骨組みでした)

この仕様になった事で被り心地にゴツゴツ感が無くなりツーリングモデル並みの被り心地を実現している訳なのですgood勿論、しっかりとしたホールド感を両立している所がRX-7Xの素晴らしいところですw

まだまだ、隠しギミックが!

Dscn2531_2

暗くて見えないですねsweat01

Dscn2534_2

そこでフラッシュshine

ダクトがありますね!シルード内の滞留している熱気をサイドダクトへ逃がす機構です!快適機構もしっかりと装備しています♪

これだけ色んな機能がフル装備だと...

Dscn2575_2

あまりにも素晴らしいので被るとニヤけてしまいます

発売が待ち遠しいですね!

それでは今回はこの辺でW

« 小江戸でハンバーガーw | トップページ | クラシックMOD 入荷しました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事