« 知ってるようで知らないシールドの外し方w | トップページ | 新し過ぎて知らないシールドの外し方! »

2015年6月 7日 (日)

知ってそうで知らないシールドの外し方2

みなさん、こんにちは!

ヘルメット担当のDECOです

気候もだんだんと暑くなり夏も近づいてきましたね!

ヘルメットもフルフェイスよりオープンフェイスを使用される機会が増えた方

も多いのではないでしょうかsign02

そこで、今回は前回に引き続きオープンフェイスヘルメットのシールドの外し方

をご説明をいたします!

今回のモデルさんはこちら!

Dscn3094

SZ-RAM4です!アライのオープンフェイスの最高峰モデルですshine

それでは、最初にシールドをオープン状態にします

Dscn3097

レバーが出ているのが出ていますね!

Dscn3098

これです!

このレバーを前側にスライドしますsoon

Dscn3053

カチッと音がするハズですw

反対側も...

Dscn3050

レバーが同様にありますので...

Dscn3052

こちらもスライドsoon

左右共にロックが外れた状態になったので、

前回のフルフェイスと同様に両サイドを広げながら...

Dscn3054

Dscn3055

上にあげると

ベキッとちょっとドキドキする音がしますがシールドが外れますw

Dscn3057

こんな感じw

さて、シールド側にホルダーが付いた状態だと思いますが、

このホルダーも外し方がありますのでご説明します!

Dscn3058

ホルダーの裏側を見てみましょう!

ネジで白いパーツが固定されていますねw

ここでドライバーを使いたくなりますが...

工具不要ではずせます!

よーく見てみると...

Dscn3059

①と番号が!

更に良く見ると...search

Dscn3060

②と番号が記入されていますねw

実はこの番号はシールドからホルダーを外す手順なのですshine

それでは早速外してみましょうw

最初に①番側の白いパーツのロックを解除します!

私の文章力では判り難いと思うので写真を見てみましょう

Dscn3061

↑解除前

Dscn3062

↑解除後

この状態になったら②の番号の横にある矢印にそってスライドをすると...

Dscn3066

Dscn3067

外れましたscissors

(因みに、シールドへの取付けは今の手順と逆で取付けが可能です!)

それでは...

苦戦をされる方の多いヘルメットへの取付け方法です!

でも、方法が分かってしまえばそんなに難しくないのでご安心をheart01

シールドベースを見てみると...

Dscn3079

▲マークガイドラインがありますね

Dscn3078

↑指先に注目!▲マークが!

Dscn3074

↑こちらがガイドライン

この部分が取付けの際にガイドになるのでお忘れなくw

それでは、ホルダー側を下から見てみると

Dscn3073

こちらにも▲マークがっ!!

Dscn3081

ホルダーの下の部分を先程のベース側のガイドラインと写真の指先部分を平行に合わせます

(※写真は説明の為シールドからホルダーを外してます。)

Dscn3082

↑こんな感じで平行に合わせます

そして...

ホルダー側の▲マークベース側の▲マーク先端が合わさる様にホルダーをベースにはめ込みます!

Dscn3083

下からの見るとこの状態になっています。

Dscn3084

ハマりました!

Dscn3085

反対側も同じ要領でハメます

気を付けて頂きたいのがこの状態は仮組みの状態です!

左右の仮組みが終了したら

両サイドを抑えながら...

Dscn3087

シールドを下げると...

Dscn3088

バキッドキドキする音がしながらハマりますgood

Dscn3094

完成w

フルフェイスと比べると手順が多いですが実はしっかりと順を追って作業をして頂くとフルフェイスより作業が楽ですよ!

実は私が最初に覚えた作業内容がこの作業だったりします!

今回の作業内容はSZ系はもちろんMZ系も同様の作業内容ですので参考にしてください!

おまけ

因みに今回のモデルもカタログ未掲載のスペシャルカラーです!

Szram4_tricolore

SZ-RAM4 トリコローレ

こちらも若干ですが再入荷をしましたので気になる方は是非チェックしてみて下さい!

それでは今回はこの辺で!

« 知ってるようで知らないシールドの外し方w | トップページ | 新し過ぎて知らないシールドの外し方! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事